県の指導法 地域へ 福光SCの嶋田・林さん
                                                    平成18年12月17日(日)北日本新聞

総合センターで研修

 地域総合型スポーツクラブ(SC)「福光SC」の職員、嶋田荘志さん(25)=砺波市太郎丸と林裕一さん(27)=南砺市竹林が、15日から県総合体育センターでトレーニング指導の研修を受けている。

 福光SCでのトレーニング事業を向上させるためで、指導面で県総合体育センターと地域総合型SCが連係するのは初めて。
 福光SCは南砺市福光体育館を拠点とし、平成17年に設立。これまでは専門的にトレーニングを指導できる職員がおらず、2人が研修を受けることになった。

 2人は16日、サッカークラブ「水橋FC」の筋力測定の補助を体験したほか、呼吸循環測定を見学。研修は17日まで行う。県総合体育センターは今後もこうした研修を受け入れる方針で、「県で培った指導ノウハウが地域に広がれば、選手育成もスムーズになる」と期待を寄せている。

 

戻る