筋力保って介護予防 上市で高齢者体操教室
                                                     平成19年1月18日(木)北日本新聞

 高齢者の体力や筋力の維持を目指す「シニアエクササイズ」が17日、上市町保健福祉総合センター・コミュニティプラザで開かれ、受講者が肩こり防止の運動などに取り組んだ。

 町総合スポーツクラブ「さんさん」が健康維持と介護予防を目的に、毎週水曜日午後に開いており、毎回、町内を中心に滑川市や立山町から15人ほどが受講している。

 講師は要介護予防運動コーディネーターの岩城公二さんが務め、「無理なく楽しく」をモットーに指導している。同日は腰の運動を復習後、肩のまわりの筋肉をほぐすストレッチを行った。受講者は座ったままや立った姿勢で適度に負荷をかけながら取り組んでいた。
 坂元ユキ子さん(79)=同町大岩は「講座は体にもよく、毎回みんなの顔を見るのも楽しみ」と話していた。同講座は、途中からでも気軽に参加できる。

 

戻る