風車 NPO法人富山スイミングクラブ
                                                      平成19年1月7日(日)北日本新聞

 富山市民プールや東富山温水プールを拠点に活動するNPO法人「富山スイミングクラブ連絡協議会」(和田正弘会長)は6日、富山市民プールで新年のもちつき大会を行った。

 全国大会などでの選手の好成績を祈願するため、毎年開いている。小学校3年生から高校3年生まで、競泳とシンクロナイズドスイミングの強化選手約80人が参加した。
 手水する父母らと呼吸を合わせ、「よいしょ」と声を掛けながら、交代で八臼分のもちをついた。選手はもちにあずきやきなこ、ダイコンおろしなどをまぶし、おいしそうにほお張っていた。

 

戻る