園児ら80人ボールに親しむ 朝日でキッズサッカー
                                                     平成19年2月12日(月)北日本新聞

 6歳以下の幼児向けの「キッズサッカーフェスティバルinあさひ」が11日、朝日町サンリーナで開かれ、同町をはじめ黒部、入善の保育園児や約80人がボールに親しんだ。北日本新聞社後援。

朝日町の総合型地域スポーツクラブ「ひすいスポツクラブ」の設立プレイベントの一環で、子どものころからボール遊びを通じてスポーツに親しんでもらおうと、町サッカー協会が企画した。
 子どもたちは、ボールを使ってのコーン倒しや鬼ごっこなどで体を動かした後、経験者、初心者、3歳以下の3つのグループに分かれて、ドリブルなどを体験し、試合も楽しんだ。

 

戻る