山室中部総合型地域クラブ設立 スポーツで“きらぴか”に
                                                     平成19年2月26日(月)北日本新聞

初年度 太極拳や体操、バド

 富山市山室中部小学校区の総合型地域スポーツクラブ「きらぴか☆スポーツクラブ」の設立総会と祝賀会は25日、富山市太田のソニック・ダイニング・ラッコントで開かれ、活動のスタートを祝った。
 祝賀会には校区の各種団体の代表者ら約70人が出席。校区の体育協会長を務める大納登設立準備委員長が「子どもからお年寄りまでがスポーツを楽しめる環境をつくり、地域に根ざした活動を展開したい」とあいさつした。

 初年度の事業を承認し、太極拳やバドミントン、体操、フレッシュテニスなどの教室を開くことを決めた。役員を選び、初代会長に大納委員長を選んだ。
 設立記念講演や祝賀会もあり、同校区出身で東京の大学で声楽を学ぶ加藤恵さんらによるコンサートが開かれた。

 同校区は日本体育協会の育成指定を受け、地元の体育協会を中心に平成17年度から、設立準備を進めてきた。
 事務局は富山市流杉に置き、3月から会員を募集する。

▽副会長=長憲博、小俣徳重、布村千歌子 ▽理事長=照田和弘

 

戻る