小矢部市 スポーツ振興で新制度 民間施設利用に助成 来月から
                                                     平成19年3月14日(水)北日本新聞
 

 小矢部市は市民の生涯スポーツ振興につなげるため、4月から市内の民間温水プールとフィットネスジムの利用料の一部助成する。市議会予算特別委員会で、高橋佐多氏の質問に、森下文化スポーツ課長が答えた。

 健康づくりに役立てるため、通年で利用できる温水プールなど、スポーツ施設の充実を求める声が市民から出ていた。厳しい財政状況下、新施設の建設が困難なため、既設のメドースポーツクラブ(同市埴生)の温水プールやフィットネスジムを活用することにした。
 助成は、市内の総合型地域スポーツクラブ「NPO法人おやべスポーツクラブ」の拡充を支援する形で行う。

 同クラブ会員が、メドーの温水プール、フィットネスジムを利用する場合、現在は1回472円となっている料金を、市の助成で300円にする。温水プールの利用は基本的に日曜、祝日に限られる。

 

戻る