優勝の喜びもう一度 キラリカップ年中優勝
                                                     平成18年10月17日(火)富山新聞

小杉BAMBIFC年中B次の大会目指し練習

 8日行われた第15回キラリカップ幼児サッカー大会(富山新聞社共催)の年中の部で優勝した小杉BAMBIFC年中Bのメンバー5人が射水市のこすぎ総合スポーツクラブ「きらり」に通い、練習を重ねている。来年2月に高岡市福岡町で開かれるU−6(6歳以下)の大会にも出場する予定で、優勝の喜びをもう一度味わいたいとボールを追い掛けている。
 同カップに出場したのは唐沢悠大君、佐伯峻志君、安元渉君、池田光道君、針原和宏君の5人。「きらり」の幼児サッカー教室には、年長、年中の部合わせて38人が所属する。幼稚園での練習に加え、同教室でさらに技術を磨く。

 毎回一時間程度の練習ではサッカーを通して体を動かすことを重視しており、自然とボールと親しむ姿が見られる。5人は「ボールをけるのが楽しい」「試合でシュートをたくさん決めたい」などと声をそろえる。

 

戻る