部活動との連携考える スポーツクラブ研修会 富山
                                                      平成18年10月22日(日)富山新聞

 県体育協会の第2回おらっちゃ型スポーツクラブ育成研修会は21日、富山市の県総合体育センターで開かれ、関係者45人が総合型地域スポーツクラブのあり方について理解を深めた。
 少子化で中学の部活動の選択肢が減る中、地域のクラブと連携した子どもの育成を考えてもらおうと、実施した。

 橋南スポーツクラブマネジャーの片岡康行さんが講師を務め、世代を超えた交流や一貫した指導など、協力する利点を紹介した。坂本雅則県中体連理事長や中学教諭らによる意見交換も行われた。

 

戻る