地域スポーツ指導者役割を考える 射水
                                                      平成18年11月27日(月)富山新聞

 県体協の第3回「おらっちゃ型」スポーツクラブ育成研修会は26日、射水市の小杉文化ホール・ラポールで開かれ、約100人が総合型地域スポーツクラブにおける指導者のかかわり方について理解を深めた。

 大阪ガス野球部元監督の長野哲也氏が「これからの総合型クラブを支える公認スポーツ指導者の役割」と題し講演。指導者として大事なことは、勝つ喜びを与えていくことで、コミュニケーションをしっかりとり、選手に考えさせることをしてほしいと話した。
 研究協議では、佐伯仁史富山コミュニケーションズ理事長がコーディネーターになり、パネラーの長野氏、岡澤祥訓奈良教育大教授、布村忠弘県公認スポーツ指導者協議会長が事例発表した。

 

戻る