親子でユニホック 富山 スポーツはつらつ塾
                                                       平成19年3月4日(日)富山新聞

 パレススポーツクラブの「元気TOYAMAスポーツ・文化はつらつ塾」は3日、富山市の県総合体育センターで行われ、親子6人がニュースポーツのユニホックで汗を流した。

 ユニホックはプラスティック製のスティックとボールを使い、プレーする競技。けがが少なく、子どもと大人が安全に楽しめる。
 塾ではホッケー男子日本代表コーチを務める沼田秀樹氏(小矢部市)が指導にあたった。参加者は3組に分かれてパスやシュートの練習をした後、3対3のゲームを楽しんだ。同塾は昨年4月に発足し、県内の小学4年と保護者がスポーツや囲碁、将棋などの文化系活動で交流を深めている。

 

戻る