シンガポールから中学生 速星中生と交流へ 市役所訪問
                                                      平成18年5月25日(木)北日本新聞

 シンガポール・セントマーガレットセカンダリースクールの訪問団は24日、富山市役所を訪れ、吉川教育長と懇談した。一行は29日まで6日間の日程で、富山市婦中町の速星中学校との交流やホームステイを行う。

 吉川教育長が「合併後も交流の輪を広げたい」と歓迎の言葉を述べ、ラム・イン・リー団長が「楽しい時間を過ごしたいと」とお礼を述べた。

 交流事業は、旧婦中町が10年間行っていたが合併後は基金を活用し児童生徒活動基金協議会が引き継ぎ、NPOふちゅうスポーツクラブが実施する。
 25日は雪の残る立山・室道を見学し、26日は速星中学校との交流集会や授業、部活動に参加する。27日には華道や合気道を体験後、ウエルカムパティーを予定している。

 

戻る