大型アスレチック「スーパー才蔵」親子で楽しんで
                                           平成18年9月29日(金)北日本新聞

上市来月1日スポーツまつりに登場

 30日と10月1日に上市町丸山総合公園で開催される「かみいちスポーツまつり」に向け、大型アスレチックの製作が大詰めを迎えている。その名も「スーパー才蔵」。親子そろって楽しめる内容となっている。まつり2日目の1日に登場する。

 「城攻め」をテーマに、町総合スポーツクラブ「さんさん」会員と町教委職員が8月から内容を検討し、9月から本格的に製作に取り組んできた。
 会場のジョギング広場に、簡易水槽を浮かべた畳に乗って進む「河渡り」、サッカーゴールのバーにぶら下がって進む「がけを渡って」、立てた板に開けた穴を使って進むアスレチック、平均台渡りなど10種類を超えるアスレチックを製作。それぞれをクリアしてゴールの「本丸」を目指す。選挙で使った広報看板や雪囲い用の板、工事現場で不要になった鉄パイプ、会員が持ち寄った畳などを使い、材料費をほとんど掛けなかった。

 大崎亮同スポーツクラブ事務局長は「大勢の知恵と力を合わせた力作。楽しくチャレンジしてほしい」と期待している。
 30日は富山グラウジーズのプロバスケットボール交流試合、1日には剱健康マラソン(北日本新聞社後援)や各種体験ゲーム、ミニトライアスロン、歩こう会などを繰り広げる。

 

戻る