やってみようチアリーディング 大人気の小学生チーム・ハピーズ
                                                      平成18年6月20日(火)富山新聞

練習日には見学者続々

 小学生を対象としたチアリーディングチーム「パピーズ」が人気を集めている。同チームは5月に発足、毎週火、木曜日に富山市総合体育館で午後5時から約2時間活動しており、練習日には入部者、見学者が続々と訪れ、チアリーディングの魅力を体験している。

 パピーズは富山商高応援部の指導に当たる野崎剛司教諭と県立高校講師の小川真由美さんらが呼び掛け、スポーツクラブ富山の一つとして発足した。日本チアリーディング協会の指導員である山根美夏さんがヘッドコーチとして指導に当たっている。

 現在メンバーは小学校低学年児童を中心に13人おり、発声しながら力強く手を動かすチア・サイドラインやダンスなどの練習に励んでいる。テレビのバラエティ番組などの影響でチアリーディングへの関心は高まっており、毎回、教室には見学者が訪れている。

 山根さんは高校、大学時代に競技としてチアリーディングに取り組み、パピーズの創設に向けて神奈川県川崎市から富山市に移り住んだ。「チアは競技者も観客も元気になるスポーツ。子どもが表現力や協調性を養う場にしたい」と熱心に指導している。

 

戻る