山室中部クがバスケットの基本学ぶ
                                                       平成18年9月10日(日)富山新聞

 山室中部総合型地域スポーツクラブのバスケットボール教室はこのほど、富山市立山室中部小で行われ、4−6年生児童20人が練習を通じてスポーツの楽しさを実感した。

 男子プロバスケットボール・bjリーグの富山グラウジーズに所属する黒田祐選手らが指導にあたった。子どもたちはドリブルしながら全力で走る練習をしたり、後ろ向きで進むこつを学んだりした。

 同クラブは来年2月の発足に先駆け、バドミントンや卓球、キッズ体操の教室を開いている。

 

戻る