掛け声響かせ打ち込む 富山でスポーツチャンバラ
                                                        平成18年9月3日(日)富山新聞

 パレススポーツクラブの「元気TOYAMAスポーツ・文化はつらつ塾」は2日、富山市秋ヶ島の県総合体育センターで行われた。児童ら12がゴムに空気の入った剣で打ち合う「スポーツチャンバラ」で元気なかけ声を響かせた。

 県スポーツチャンバラ協会の岩上厚子理事長ら3人が指導した。参加者は長さ60センチの小太刀を手にして、打ち込み方や防御法を学んだ。その後、大将を決めて戦う合戦や全員で打ち合うサバイバルなど多彩な形式のゲームを楽しんだ。

 同塾は今年4月に発足し、県内の小学4年と保護者がスポーツや囲碁、将棋などの文化系活動で交流を深めている。

 

戻る