なんとコンベンション スポーツ振興へ連携を
                                                    平成19年10月21日(日)北日本新聞

各団体が取り組み確認

 南砺市の「なんとスポーツコンベンション」が20日、同市北川(井波)のいなみ木彫りの里「創遊館」で開かれ、スポーツ振興に取り組むための各種団体の連携強化を確認した。

 スポーツ関係団体でつくる実行委員会(委員長・櫻井光雄市体育協会長)が開き、総合型地域スポーツクラブ、体育指導員協議会、スポーツ少年団などから約90人が参加した。
 開会式で櫻井委員長がスポーツ関係団体が一堂に会する意義を語り、梧桐市教育長があいさつ。ラジオ体操などの指導者の多胡肇さんが記念講演した。

 市が4月からスタートした市スポーツ振興計画を説明。各団体代表がシンポジウムに参加し、計画の実践に向けた連携のあり方を話し合った。

 

戻る