五輪選手が指導 富山・トランポリン教室 五福公園スポーツクラブ
                                                    平成19年11月19日(月)北日本新聞

 富山市の五福公園スポーツクラブさくら(森田隆敏理事長)は18日、富山市のアオイスポーツハウスで、トランポリンでシドニー五輪に出場した中田大輔選手を招いたトランポリン教室を開いた。参加した子どもたちは一流選手の指導を受け、レベルアップを目指した。

 子どもの体力向上を目指し、日本体育協会と文科省が開く「スポーツ選手ふれあい指導事業」の一環。教室開講を希望する全国の団体に、各種スポーツの一流選手を講師として派遣している。競技の経験者を含む県内の小中学生約50人が受講。大小2台のトランポリンを使って一人一人がジャンプに挑戦し、中田選手から高く、リズムよくジャンプすることなどを教わった。参加者は練習を繰り返し、上達しようと懸命だった。

 中田選手は子どもたちに「自分は基礎固めに長い時間をかけたから伸びた。地道に取り組んでほしい」と呼び掛けた。

 

戻る