ありそドームもXマス電飾点灯
                                                    平成19年11月30日(金)北日本新聞

 魚津市ありそドーム(同市北鬼江)で28日、児童が室内のシラカシの木10本にクリスマスの飾り付けをし、イルミネーションの点灯式も行われた。

 総合型地域スポーツクラブ「うおづスポラ」でさまざまな運動をするトータルスポーツ教室に5月から参加してきた児童15人が受講最終日に合わせて行った。シラカシに球状の飾りや綿などを取り付けた。職員があらかじめ設置していたイルミネーションを点灯させると、青や赤、白の光が輝き、クリスマスムードを醸し出した。

 同ドーム入り口付近のガラスにはスプレーを吹き付け、「ARISO Xmas」の文字やクリスマスツリーの絵、「うおづスポラ」のロゴなどをデザインした。

 

戻る