1年の安全願い「水書」 富山スイミングクラブ
                                                       平成20年1月6日(日)北日本新聞

富山市水泳協会初泳ぎ会

 富山市水泳協会の新春初泳ぎ会が5日、同市民プールであり、水泳クラブのメンバーがプールで立ち泳ぎしながら書をしたためる恒例の「水書」を披露し、今年一年の安全を願った。北日本新聞社協賛。

 初泳ぎ会は毎年1月5日に開いており、この日は模範演技者や見物人計330日が集まった。富山チドリ水泳クラブのメンバー10人が筆を手にプールに入り、扇に一文字づつ丁寧に書き入れた。
 扇10枚で「希望の年 笑顔で泳ごう」と文字が並び、大きな拍手が送られた。

 模範演技では、富山スイミングクラブのメンバーが元気に水しぶきを上げて泳いだほか、シンクロナイズドスイミングの華麗な演技を披露した。
 東山幸暉市水泳協会長、吉川市教育長があいさつした。

 

戻る