達人登場 富山市のスポーツクラブ「さくら」スポーツチャンバラ教室の子どもたちが選んだ 
                                            黒崎 修英さん(36)
                                                      平成20年1月6日(日)北日本新聞

 毎週金曜日に富山市の五福公園にあるアオイスポーツハウスで、12人くらぶがスポーツチャンバラを習っています。スポーツチャンバラは、面などの防具を身に着け、中に空気が入った長さ約60センチの小太刀を使って戦う競技です。

 練習は、面や胴の練習、すり足の練習、実践などをします。体全体を使って戦うのが楽しいです。
 黒崎先生は県スポーツチャンバラ協会の副会長で、やさしく、時には厳しく指導してくださいます。前は相手に打たれてばかりだったけれど、先生からアドバイスを受けて、最近は打ち返せるようになってきました。

 

戻る