スポーツで街元気に 魚津市4番目総合型SC「スマイル本江」設立
                                                     平成20年2月24日(日)北日本新聞

 魚津市の総合型地域スポーツクラブ(SC)「スマイル本江スポーツクラブ」設立総会が23日、同市の本江公民館で行われ、本江地区の住民らが市内4番目となる総合型地域SCの誕生を祝った。

 本江地区体育振興会が中心になって設立準備委員会を立ち上げ、2年前から準備を進めてきた。名称は住民から公募し、本江小学校4年の中村香さんの作品を選んだ。

 設立総会では、発起人を代表し準備委員会会長の浜田伸雄さん(同地区体育振興会会長)が「現在の会員は100人余り。みなさんとともに頑張り、会員数を倍にしたい」とあいさつ。規約承認に続き役員選出を行い、初代会長に浜田さんを決めた。
 記念講演は富山サンダーバーズベースボールクラブの鈴木康友監督を講師に招き、鈴木監督が「ゼロからのスタート、2年目を迎えて」」と題し、今シーズンへの決意を語った。
 同SCのキャッチフレーズは「世代をつなげ でっかい笑顔 みんなでつくろう 本江のわ!」。生涯スポーツ活動の振興を図り、笑顔で元気で健康な街づくりを目指す。

 新年度はフレッシュテニス、ビーチボール、フラダンス、卓球、バドミントン、リズム体操の各教室を本江小学校で開くほか、ビーチボール大会やユニホック大会、ウオーキングなどのイベントを予定している。

 

戻る