冬の青空にたこ揚げ 小矢部・わんぱく学園
                                                     平成19年12月27日(木)富山新聞

 小矢部市のNPO法人おやべスポーツクラブによる、冬のわんぱく学園は26日、市文化スポーツセンターで3日間の日程で始まり、小学生約60人がお年寄りや大・高校生のボランティアと冬の遊びや工作、ゲームなどで、寒さを吹き飛ばすほど、元気に活動した。

 児童は開講式の後、10班に分かれ、たこを作った。1、2年生は作りやすく、飛ばしやすいビニール製の洋だこ、3年生から上級生は竹ひごを組んで作る和だこで、それぞれ「たまごっち」「ポケットモンスター」などゲームや漫画のキャラクターの絵を描いて仕上げた。

 グラウンドに飛び出した児童は、青空に向けてカラフルなたこを次々と揚げた。
 午後は高校生と一緒に、学校の宿題に取り組んだほか、レクリエーションのゲームを楽しんだ。28日まで行う。

 

戻る