親子 スポーツ楽しく 砺波のNPOがフェス
                                                        平成20年3月2日(日)富山新聞

 NPO(特定非営利活動)法人SEIBUスポーツクが主催する「SEIBU☆フェスティバル」は1日、砺波市の県西部体育センターで開かれ、新体操やエアロビクス教室で練習する園児、児童が発表したほか、多くの家事連れがスポーツを体験した。

 同センターを拠点に各種スポーツ教室を展開するSEIBUスポーツクラブは1月末、NPO法人格を取得し、初のフェスティバルとなった。蔵谷慶八郎会長は「思い切り体を動かし、楽しさを実感してほしい」とあいさつした。
 参加者は「ヨガ」の体験レッスンで体をほぐした後、新体操のキッズコース(小学低学年)、ちびっこコース(幼児)、児童のエアロビクス「キッドビクスコース」が演技発表を行った。 
 続けて、的を狙う「スナックゴルフ」、エアロビクス、卓球、輪投げなどに挑戦し、幼児は「キタエルンジャー」と遊んで歓声をあげた。

 

戻る