バド交流で心地よい汗 おやべスポーツク
                                                      平成19年4月2日(月)北日本新聞

 小矢部市のバドミントン交流大会は1日、同市石動小学校体育館で開かれ、幅広い年代の参加者が、スポーツの楽しさを満喫した。

 同市の総合型地域スポーツクラブ「NPO法人おやべスポーツクラブ」(藤村道博理事長)が、誰もが参加できるスポーツイベントとして毎年、開催している。今年は4歳から60代まで市民35人が参加した。
 参加者は若手、ベテラン、親子でプレーするファミリーの3つの部に分かれ、ダブルスで試合を楽しんだ。参加者同士の交流を深めるため、ペアの組み合わせをかえながら試合を続け、皆で心地よい汗を流した。
 試合以外にもシャトルを打って目標の箱に入れたり、連続してリフティングできる回数を競うゲームなどがあり、高得点者に商品が贈られた。

 

戻る