うおづスポラがイベント 体力測定や運動楽しむ
                                                     平成19年5月14日(月)北日本新聞

 設立4年目となる魚津市の総合型地域スポーツクラブ「うおづスポラ」(大谷清雅会長)は13日、同市ありそドームでオープニングイベントを開き、会員らが体力測定や4つの体験コースで運動を楽しんだ。

 スポーツの楽しみを多くの市民に知ってもらおうと、今年は対象を会員意外にも広げた。自らの体力を知った上で体力づくりに取り組むため、体脂肪率、骨密度などのメディカルチェック、握力、反復横跳びなどの体力測定が行われた。
 体力測定では、参加者全員が、20メートルの往復を次第にペースを上げて走るシャトルランに挑戦した。大人が次々脱落していく中で、同市西部中学校の男子バスケットボール部員が最後まで残り、146往復した。

 この後、閉会式に続き、ふれあいリズム体操、トランポビクス、エアロビクス、パワーヨガの体験コースが行われた。

 

戻る