プロの指導に目輝かす 富山サンダーバーズ野球教室 舟橋文化スポーツクラブ
                                                     平成19年8月30日(木)北日本新聞

舟橋で児童30人参加

 プロ野球・北信越リーグの富山サンダーバーズの選手を招いた野球教室が28日夜、舟橋村舟橋小グラウンドで行われ、舟橋小の児童が目を輝かせて練習に取り組んだ。

 フナは詩文かスポーツクラブ「バンドリー」(前原英石会長)がサンダーバーズに打診して実現した。村スポーツ少年団「舟橋ヴィクトリーズ」(長谷川直人監督)の選手30人が参加。サンダーバーズからは横田久則コーチほか、選手18人が訪れた。

 子どもたちはウォーミングアップの後、基本練習に取り組んだ。キャッチボールや内外野に分かれての捕球練習、トスバッティングをし、選手から指導を受けた。練習の後、赤川友太郎主将が「教えてもらったことを練習や試合に生かします」と感謝の言葉を述べた。横田コーチは「練習内容を今後のプレーに役立ててほしい」と期待していた。

 

戻る