先生が水泳指導に磨き 富山
                                                       平成19年6月20日(水)富山新聞

 富山市小学校スポーツ推進連盟の水泳指導者講習会は19日、同市荒川の富山市民プールで行われ、プール開きを前に市内の小学校教諭が児童に対する泳ぎの指導法を学んだ。

 今年度指定を受けた学校の代表者ら22人が参加した。NPO富山スイミングクラブ指導員の茶木喜寛さん、竹内和美さんが講師を務め水に慣れていない低学年児童のための水遊びやビート板を使ったバタ足、クロールなどの練習法を紹介した。茶木さんは「顔をつける練習の時は、子供をほめてあげて」などと呼び掛けた。

 同連盟は夏に陸上と水泳、冬にスキーの講習会を開き、小学校のスポーツ推進に役立てている。

 

戻る