24時間さわやかラリー
                                                       平成19年9月16日(日)富山新聞

 第1回24時間フレッシュテニス練習会(氷見市の旧加納小体育館)市フレッシュテニス協会員ら約30人がダブルスで午後8時から24時間にわたり熱戦を繰り広げ、さわやかな汗を流した。

 参加者は体育館に設けられたコート1面を使い、ペース配分を考えながら試合に臨んだ。開会式では、同協会の谷村正弘理事があいさつした。

 大会は同協会と氷見市加納地区の総合型スポーツクラブ「加納プラザ」が競技普及を目的に企画した。

 

戻る