里山生活泊って体感
                                                   平成20年10月21日(火)北日本新聞

小杉 移住交流施設オープン

 射水市の古民家を活用し、市外の人に滞在施設として利用してもらう移住交流体験施設「たてがみ」が20日、同市青井谷(小杉)でオープンした。射水市の海辺空間の魅力を全国に発信しようと、市が昨年新湊地区で開設したした施設に続き、今回は緑豊かな里山の魅力にポイントを絞った新施設を整備した。

 「たてがみ」は、木造2階建ての農家を整備した滞在施設で、和室5部屋、台所、風呂、トイレなどを備え、定員8人。北陸道小杉インターから車で5分の金山地区にあり、自然豊かな丘陵に囲まれた里山での生活を体験することができる。
 施設の利用は1日単位で、利用時間は原則1ヵ月以内、料金は1人1泊1000円。寝具や調理器具などは準備され、自炊生活をしながら農業体験や陶芸、パークゴルフ、丘陵ウオーキングなどの体験プログラムを楽しめる。

 同市の移住交流滞在施設は、昨年5月に新湊地区の内川沿いで3軒を開設したのに続き4軒目。新湊地区では初年度、全国から延べ893人が利用。本年度は9月までに前年同期比で1.5倍の人が利用し、市の観光振興面にも寄与している。
 オープン初日の20日か分家市長と施設を運営するNPO法人「こすぎ総合スポーツクラブきらり」の中村幹夫理事長が、入り口に看板を掲げ関係者が室内を見学した。射水市はリーフレットやホームページで、首都圏や関西圏など全国各地に施設をPRする。

 施設に関する問い合わせは同NPO法人、電話0766(56)6562。

 

戻る