小矢部 「わんぱく学園」開講
                                                     平成21年3月26日(木)北日本新聞

 子どもの行動力や協調性をはぐくむ、NPO法人おやべスポーツクラブ(藤村道博理事長)の特別企画「わんぱく学園」が25日、小矢部市文化スポーツセンターで開講した。小矢部市内の児童が対象で、学校の枠を超えて友達をつくってもらうため、年齢に関係なく編成した8班に分かれて活動。26日までさまざまな体験を通し、交流を深める。

 運営や企画を、富山大人間発達科学部の学生や石動高校の生徒らボランティアスタッフが担うのが特徴。春休み中の開催は初めてになる。今回は1〜5年生60人が参加。初日は開講式の後、互いに自己紹介し、春休みの宿題にも取り組んだ。

 

戻る