こいのぼり空高く 県総合体育センター
                                                     平成20年4月30日(水)北日本新聞

 5月5日の「こどもの日」に向け、富山市秋ヶ島の県総合体育センターは29日、同体育センター正面玄関前にこいのぼりを掲揚した。青空の下で、こいのぼりは元気よく泳いでいた。

 掲揚は同センターとセンターを拠点に活動する総合型地域スポーツクラブ「パレススポーツクラブ」が、スポーツを通して子どもたちに健康な心身をはぐくんでほしいとの思いから企画した。センター職員の堀由美子さん(44)と吉沢真代さん(21)の自宅にあったこいのぼりを活用した。

 同クラブに通う小学校4年生から6年生までの児童6人とその保護者、畠隆夫センター長、小林福治同クラブ会長らが参加した。児童たちは歓声を上げながら長さ約2メートルから6メートルあるこいのぼりを6本を揚げた。5月5日まで掲揚する。
 富山市古里小学校4年生の坂口彩乃さん(9)=同市婦中町長沢は「こいのぼりを揚げるのは初めて。気持ちよさそうに泳いでいる」と笑顔で眺めていた。

 

戻る