参加者増へ体操特訓
                                                     平成20年5月17日(土)北日本新聞

庄川 チャレンジデー向け研修

 住民のスポーツ参加率を競う5月28日の「チャレンジデーinとなみ2008」に向けた実技研修会は15日夜、砺波市庄川体育センターでエクササイズの実技研修会を開いた。

 チャレンジデーは人口が同規模の自治体が一日のスポーツ参加率を競うイベント。参加者を増やすため、市内の体育振興会関係者や市体育指導員にエクササイズを覚えてもらい、各地域で指導してもらおうと開いた。

 NPO法人SEIBUスポーツクラブ事務局長、室永美穂さんが指導役を務め、参加者は高齢者向けで約4分間の「チャレンジ体操」と、子どもから中高年向けで約12分間の「チャレンジエクササイズ」に挑戦。
 激しい動きもあり、汗をにじませながら真剣な表情で体を動かした。
 砺波市は今年、福岡県筑後市と対戦する。

 

戻る