会長に知事再任 富山県体育協会
                                                     平成20年5月27日(火)北日本新聞

 県体育協会の本年度評議委員会は26日、富山市大手町のANAクラウンプラザホテル富山で開かれ、田中一郎富山市体協会長、塩谷雄一高岡市体協、石戸長克県高体連会長をそれぞれ副会長とするなど新役員人事を決めた。

 各競技だんたいの代表者ら評議員約90人が出席。石井知事が「若い世代の競技力を向上させるため、各競技団体と連携して努力していきたい」とあいさつした。会長に知事、理事長に東野県教育長、参与に土井北日本新聞社常務編集局長らをそれぞれ再任した。任期はいずれも2年間。
 県総合型地域スポーツクラブ連絡協議会、県トライアスロン協会、県ダンススポーツ連盟の3団体の新規加盟を承認した。

◇新役員▽理事=高平亮(県教委教育次長)伊東与二(県教委スポーツ・保健課長)竹内繁和(県スポーツ少年団本部長)石沢宣子(県女子体育連盟会長)奥村祐年(県バレーボール協会副理事長)中村彰(県柔道連盟理事長)大西清征(県総合型地域スポーツクラブ連絡協議会長)谷二三雄(県高体連理事長)前田一朗(魚津市体協理事長)久世幸夫(富山市体協専務理事)荻原隆夫(高岡市体協専務理事)▽幹事=車谷市朗(県教委教育企画課主幹)

 

戻る