泳ぎ方のこつ学ぶ
                                                      平成20年8月5日(火)北日本新聞

 高岡市木津小学校の児童を対象にした水泳教室が4日、同市木津の同校プールで開かれた。児童が元気いっぱいに泳ぎ、上達を目指して練習した。

 南星中学校区の住民でつくるスポーツクラブ「こぶし」が水に親しんでもらおうと、初めて開いた。
 1−6年生約70人が参加。3グループに分かれ、市体育協会から招いた講師の指導を受けた。児童はこつをつかもうと、呼吸法や手足の動かし方を熱心に学んでいた。教室は5日も開く。

 

戻る