なんとウオークフェス 1日、赤祖父湖周辺 3キロコース新設
                                                       平成20年5月27日(火)富山新聞

 南砺市井口地区の赤祖父湖周辺で6月1日に行われる「なんとウオーキングフェスティバル」(富山新聞社など後援)に、約3キロコースが新設されることが決まった。親子連れやお年寄りも参加しやすくする狙いで、一般向けの6キロと8キロを合わせて3コース制となる。

 なんとウオーキングフェスティバルは南砺市の井口地域体育協会(齋藤孝臣会長)といのくちスポーツクラブ(脊戸川義之理事長)の主催で、毎年5月下旬から6月上旬に行われている。これまでは基本的に8キロコースだけだったが、昨年に新設された5キロコースが人気を集めたため、赤祖父湖畔を回る3キロコースを加え、参加希望者が体力に応じてコースを選択できるようにした。

 井口地域体育協会といのくちスポーツクラブは「子どもからお年寄りまで家族そろって気軽に参加し、健康づくりに役立ててほしい」としている。3コースとも赤祖父湖横が発着点となり、参加料は300円。問い合わせは井口行政センター内の井口地域体育協会事務局=0763(64)2211まで。

 

戻る