シンガポールと交流へ 婦中地区海外派遣団 富山空港で出発式
                                                       平成20年8月16日(土)富山新聞

 富山市の婦中地区少年少女海外派遣団出発式は15日、富山空港で行われ、中学生12人がシンガポールのセント・マーガレットセカンダリースクールとの交流に意欲を新たにした。

 旧婦中時代から続く事業で、現在はNPO法人ふちゅうスポーツクラブが児童生活活動基金事業の委託を受けて実施している。
 式典では協議会の井上亮二会長があいさつ、速星中2年の石黒夢奈さんが「研修で学んだことを生かし積極的に活動したい」と誓った。同法人の柞山明理事長が激励した。

 生徒は現地で学校訪問うあホームステイ、フェンシングなどを通じて親交を深め21日に帰国する。同地区では5月にシンガポールの生徒を受け入れた。

 

戻る