射水市 公募提案型市民協働事業 6団体の提案採択
                                                       平成20年8月7日(木)富山新聞

 射水市は、協働のまちづくり基本方針に基づき進めていた「公募提案型市民協働事業」で、提案があった6団体の事業を採択した。分家静男市長が、6日の定例記者会見で明らかにした。

 市では、地域課題の解決に向けて、市民の自由な発想を生かした多様で効果的・効率的な公共サービスを提供するため、NPO法人やボランティア団体などに呼び掛け、特性を生かした協働事業の提案を募集していた。

 7月21日に、10の提案団体が参加して公開プレゼンテーションが開かれ、その中から6団体の事業が採択され、計171万円の予算付けがされた。
 採択された事業は次の通り。

◇自由テーマ
▽黒河竹炭友の会(竹林整備、竹炭の製造・販売)▽水辺のまち新湊(寄席やライブでまちおこし)▽ファーム大島(大島絵本館周辺のひまわり迷路)▽市災害放送ボランティアの会(ラジオによる災害放送)

◇テーマ・健康づくり
▽総合型地域スポーツクラブネットワーク会議(イミズムズムズ体操の普及)▽エッセンス(うつ病、自殺予防対策の交流会)

 

戻る