Xマスムード浸ろう 
                                                     平成21年11月13日(金)北日本新聞

 魚津市のありそドームの「クリスマスイルミネーション装飾イベント 」が11日始まり、約2,000個のLED(発光ダイオード)やクリスマスの飾りが施設内を彩っている。
 イベントは毎年行い、3年目。今年は、昨年よりも規模を拡大し、LEDは500個増やした。
 初日は、同施設などで開かれている「うおづスポラ・トータルスポーツ教室」を受講する子どもや職員ら約40人が、施設内の高さ約5メートルのシラカシの木6本と施設の入り口に、LEDや折り紙で作ったサンタクロースなどの飾りを付けた。飾りはクリスマスまで、LEDは来年2月まで設置する。LEDは午後6時ごろから閉館時間の午後9時半まで点灯させる。

 

戻る