ノルディックウオークで汗 城端・教室開く
                                                    平成21年12月21日(月)北日本新聞

 両手に持ったボーをつきながら歩く『ノルディック・ウオーク』の教室が20日、南砺市城端の屋内グラウンドで開かれ、市内の12人が健康づくりに汗を流した。
 ノルディック・ウオークは筋肉の約90%を使う全身運動。血行の促進や脳を刺激する効果があるとされることから、NPO法人クラブJoyが、全日本ノルディック・ウオーク連盟専門技術院の藤本豊久さん(富山)を講師に招いて開催した。

 参加者たちは、藤本さんから運動効果などについて説明を受けた後、1周150メートルのコースを約30分間歩いて体を温めた。
 教室は来年1月31日にも開かれる。参加無料。問い合せは同クラブ、電話0763(62)2701。

 

戻る