中学生プロに学ぶ 小杉で雷鳥軍団野球教室
                                                      平成22年2月12日(金)北日本新聞

 プロ野球・BCリーグの富山サンダーバーズの野球教室が11日、射水市小杉体育館で開かれた。横田久則監督、進藤達哉コーチ、松橋良幸捕手が講師を務め、冬場に室内で行える効果的なトレーニング法や守備、打撃の基本を指導した。

 教室は射水市総合型地域スポーツクラブ連絡協議会(いみずSCネットワーク)は開き、小杉、小杉南、大門、奈古、新湊西部、新湊南部の市内6中学校の野球部員約100人が参加した。

 横田監督は3分間の腹筋運動や反射神経を磨く練習法を紹介し「体のコアを鍛えることが重要。一緒に頭脳も鍛えると上達が早い」などと話した。
 参加者は、投手、捕手、野手に分かれて実践練習に移り、打撃のポイントも学んだ。

 

戻る