ポール手に歩いて健康
                                                      平成21年12月21日(月)富山新聞

 NPO法人クラブJoy(南砺市)のノルディックウオーク教室は20日、同市城南屋内グラウンドで開かれ、効率的な健康づくりに役立つとされるノルディックウオークを体験した。

 ノルディックウオークは、スキーのストックに似た専用のポールを両手に持つウオーキング。トリノ五輪でクロスカントリー競技ヘッドコーチを務めた藤本豊久さん=富山市在住が講師を務め、全身運動により一般的なウオーキングよりカロリー消費が15〜25%高まることや、姿勢矯正などにも効果があることを説明した。

 参加者は歩幅を広めに取ることを心掛けながら歩き、心地よい汗を流した。教室は1月31日にも開かれる。

 

戻る