スポーツ強化事業C評価 特別枠
                                                       平成22年12月2日(木)読売新聞

 来年度予算案の「元気な日本復活特別枠】に盛り込む政策を選ぶ「評価会議」(議長=玄葉光一郎・国家戦略相)は1日、文部科学省が要望していた「元気な日本スポーツプロジェクト」について、優先度の高い順にA〜Dをつける4段階で「C」と評価したと発表した。同省は同プロジェlクトに54億円を要望していたが、予算編成に向けて事業の見直しを迫られそうだ。

 同プロジェクトは、スポーツ医・科学や栄養学の活用、最先端の競技用具の研究開発などを通じた「トップアスリートの育成・強化」と、トップアスリートを全国の総合型地域スポーツクラブに配置するなどして拠点クラブを育成する「スポーツコミュニティの形成促進」の2本柱。同省は、国の予算で新たに設けられた特別枠に、それぞれ27億円を要望していた。

 

戻る