ヨットやカヌー体験
                              平成22年7月20日(火)北日本新聞

氷見市の小中学生を対象にした「青い海ヨット・カヌー教室」が19日、同市阿尾海岸で開かれ、15人がマリンスポーツの楽しさに触れた=写真。【webunに動画と写真3枚】

 ヨットとカヌーの構造や操作方法を教わった後、実際に海に出て操船を体験。同市宮田小学校5年生の田中舞衣さんは「一生懸命練習してうまく操作できるようになりたい」と話していた。8月3日までに6回実施し技術を高める。

 子どものころから海の魅力と危険性について理解を深めてもらうことを目的に、同市の総合型地域スポーツクラブ「スポーツプラザひみ」(新井豊一会長)と、同市B&G海洋センター(阿尾敏男所長)が主催。氷見セーリング協会の会員が講師を務めている。

 

戻る