スポーツ立国現実へ 概算要求に54億円 文科省
                                                       平成22年8月31日(火)読売新聞

 

 国のスポーツの政策の将来像を示した「スポーツ立国戦略」の実現に向け、文部科学省は30日、2011年度概算要求に54億円を盛り込んだ。「元気な日本スポーツ立国プロジェクト」と題し、政府が特別枠として設けた「政策コンテスト」に提出する。

 メダル有望な17競技を対象に、トップ選手を医科学・情報など多方面から支援する事業に27億円を計上し、同戦略で掲げた「五輪メダル獲得数で過去最多(夏37個、冬10個)更新」という目標を目指す。さらに、トップ選手を全国300か所の総合地域クラブに配置する事業に、27億円を要求した。

 

 

戻る