ニュースポーツ8種目で歓声 射水でスポレク交流 
                                            
平成23年10月23日(日)富山新聞

 

元気とやまスポレク交流大会「高岡会場」が22日、射水市の新湊アイシン軽金属スポーツセンターで開かれ、参加者はニュースポーツでさわやかな汗を流した。

大会は昨年のスポレクとやまを契機として、スポレク種目の普及、振興などを目的に今月10日から11月20日まで県内6会場で開かれる。

 

開始式では、大西清征県総合型地域スポーツクラブ連絡協議会長があいさつ、伊東与二県教委スポーツ・保健課長が祝辞、結城正斉市教育長が歓迎の言葉を述べた。アトラクションで富山グラウジーズ専属ダンスチーム「G・O・W」が華麗な踊りを披露した。

 

ニュースポーツの体験コーナーでは、参加者がシャッフルボードやカローリング、トランポリンなど8種目に挑戦し、歓声を上げた。ストリートダンスの実技講習も行われた。

 

 

戻る