153団体2000人飛躍誓う
                                                    平成23年5月22日(日)北日本新聞

県スポーツフェスタ開会

 県スポーツフェスタの総合開会式が21日、富山市秋ヶ島の県総合体育センターで開かれた。トップアスリートから生涯スポーツの愛好者まで153団体約2000人が、県内スポーツをさらに飛躍させていくことを誓い合った。

 競技団体や各市町村スポーツ少年団、プロ球団などの代表者がプラカードを持って行進。フェスタ大会長の石井知事が「東北の被災者を勇気づけるためにも、いつも以上に元気を出して盛り上げてほしい」とあいさつし、坂田光文県議会長と山元富山市市民生活部長が祝辞を述べた。

 各団体を代表してカヌーの北本忍選手(県体協)、水戸明美さん(県インディアカ協会)、荒尾一成さん(ひすいスポーツクラブ)、石坂遼君(船峅少年野球クラブスポーツ少年団)が宣誓した。

 フェスタは県民体育大会、県民スポーツ・レクリエーション祭などを統合した大会で、3年目のことしは延べ8万3千人が参加予定。式に続き、クイズに答えながらウオーキングを楽しむ元気とやまウオークラリーが行われた。

 

戻る