元気っ子クラブ 石堤スポーツクラブ(高岡)
                                                      平成23年9月6日(火)北日本新聞

自主性を大切に
 高岡市内外の小中学生15人が所属する卓球クラブ。週5、6日、高岡市石堤小学校で練習している。地元の石堤小、東五位小、五位中だけでなく、氷見市から通う中学生もいる。寺嶋和希君(五位中2年)は「強くなりたいと、みんな声を掛けあって頑張っている」と言う。

 毎年、県の大会を勝ち抜いて、全国大会に出場するメンバーがいる。今年二つの大会に出た細敦貴君(石堤小6年)は「全国レベルとはまだまだ差がある。サーブの切れを磨き、ミスを減らしてもっと力をつけたい」と意気込む。

 自分で考えて練習に取り組むこと、一本を大事に気持ちを込めて球を打つことを大切にしている。橘幸浩監督(45)は「伸び伸びと練習し、成長してほしいので、何事も強制はしない。オリンピックや世界選手権など、夢を持って頑張れるクラブにしていきたい」と話す。

 

戻る