食事から体づくり Rヴレッジスポーツクラブ
                                                     平成23年7月10日(日)富山新聞

 スポーツ少年団の児童と保護者を対象にしたスポーツ栄養学講演会は9日、立山町前沢の町民会館で開かれ、約60人が日ごろの食事が左右する選手の体づくりや試合での体調管理を学んだ。

 同町利田のRヴレッジスポーツクラブが初めて開いた。講師を務めた管理栄養士の杉森裕子さん(富山市)は、体をつくるためにバランスのとれた食事の大切さを強調。特に乳製品や果物の毎食事の摂取を勧めた。

 

戻る