生徒ら海外交流期待
                                                      平成23年8月13日(土)富山新聞

 富山市のふちゅうスポーツクラブ・シンガポール海外派遣団出発式は12日、富山空港で行われ、同市婦中地域の中学生12人が交流に期待を膨らませた。
 派遣は旧府中町が行っていた事業を地位いの児童生徒活動基金協議会が受け継ぎ、実施している。中学生は17日までシンガポールに滞在し、ホームステイ先の家族との交流や現地中学生とキンボールで対戦して18日に帰郷する。

 出発式では、安井俊夫児童成年活動基金協議会長と、派遣団代表の中谷忠義同クラブ副理事長があいさつ。速星中3年の吉岡紗友梨さんが「たくさんの人と積極的に関わり、シンガポールの良さを見つけたい」と誓いの言葉を述べた。

 

戻る