県とイオン カードで基金に寄付 スポーツ振興などで協定
                                                     平成23年9月30日(金)富山新聞

 県とイオンは29日、「元気とやまスポーツ応援基金」への寄付などを目的とした包括提携協定を締結した。協定には地産地消の推進、観光振興など12項目目を盛り込んだ。イオンが包括提携を結ぶのは富山が27道府県目になる。
 県庁で石井驤齟m事と村井正平イオンリテール社長が会見した。

 イオンは10月6日から、ICカード「元気とやまスポーツWAON」を発行。カードで利用された金額の0.1%を県の応募基金に寄与する。カードは県内のイオン、マックスバリュの6店舗、全国の約210店舗などで販売する。

 当面の連携事業としては▽県内店舗での総合型地域スポーツクラブ活動のPRへの協力▽名古屋での「越中富山うまいもんフェア2011」の実施(10月8日〜11日)▽県特産品の販売促進・ブランド力向上▽イオン高岡店での健康づくり協力店の登録などを掲げた。
 会見で石井知事は「多くの県民がカードを使ってもらえるよう協力したい」、村井社長は「全国で使ってもらえるようにしたい」と述べた。

 

戻る